発熱の翌日に熱が下がったけれどインフルエンザA型だった

今回の内容は自身の体験からのお話です。

年末のある日、仕事先から出た瞬間、耐え難い悪寒と関節痛に襲われました。一瞬で発熱していると察知し、帰宅後体温を計ったら38℃を超えている状態。特に鼻水が出ていたり、咳が出ることもなかったので、その日は解熱剤を飲み早めに就寝を。

熱が下がったのにインフルエンザ反応が出た

翌朝改めて体温を計ると、36℃ちょっとと平熱に戻っていました。体の節々に痛みがあり若干重い感じがしましたが、病み上がりのせいだろうと思っていました。ただ、また体調が悪くなると困るので、念のため病院へ行くことに。受付時に再び体温を計ると、36℃強と起床時とあまり変わらない状況でした。

しかし、症状からインフルエンザの可能性が高いとのことで検査をしてみると、見事にA型の陽性反応が...。ドクターの話によると以下の通りです。

医師の見解

  • 過去にインフルエンザウィルスに感染した経験がある場合、免疫力により症状が軽くなることがある。
  • これから発熱する可能性があり、熱が下がって丸2日間は人に移してしまう可能性が高い。
  • しかし子供のケースと異なるので、厳密に2日間待たなくても良い。

会社を休み自宅で安静にしていましたが、その日の夕方くらいから再び発熱してしまい、2日休んでそのまま正月休みに突入です。結局2日間38℃前後を行ったり来たり。そして熱が下がって丸2日間は外出を控えました。

初期症状が出たら病院へ

結論を申しますと、発熱・悪寒・体の節々の痛みといったインフルの初期症状が出た場合は、翌朝の体調云々で安易に判断せず、病院の検査結果に委ねることをオススメします。無理に仕事へ出掛け人に移してしまったり、勤務中に体調が急激に悪化し自力で帰宅するのが困難になるケースもありますので。

普段から予防していたつもりなのですが、ちょっとした隙を突いて感染してしまいますので、皆さんもお気を付けください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加